Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 資金(ローン)
  3. 地震保険は加入するべき?火災保険との違いとは?

資金(ローン)

地震保険は加入するべき?火災保険との違いとは?



こんにちは!
ダイバホームです。



いつ発生してもおかしくない大地震。

静岡県は東海地震の発生が以前より懸念される地域でもあり、家創りにおいても関心の高い点のひとつです。

そんな地震への備えのひとつが『地震保険』。

東日本大震災以降、地震保険に加入されるお客様が増えていますが、これから家創りをお考えになる皆さんのために「地震保険とは何か?」、「火災保険との違いは?」といった疑問に答えていければと思います。



「火災保険」と「地震保険」の違い


まず前提として火事による損害を補償するのが「火災保険」地震による損害を補償するのが「地震保険」になります。

ただし地震が原因で発生した火事については「火災保険」での補償が適用されないという問題があります。

地震が原因での火災損害の補償は「地震保険」に加入が必要なのです。



火災保険の補償内容

火災保険は、火事による損害はもちろん、保険商品の内容によりますが落雷や破裂・爆発などの損害も補償してくれます。

また風災、雪害、水濡れなどによる被害も補償対象となっているものもあります。

火災保険では補償の対象を「建物のみ」「建物と家財両方」と選択することができますが、補償の対象を「建物のみ」にすると、火災で家財の損害があっても家財は補償されないので注意が必要です。



地震保険の補償内容

地震保険では地震による損害のみが対象。

地震に起因する火災、損壊、噴火による埋没、津波による流出といった被災内容も含まれます。


どの保険会社の保険商品でも、火災保険だけでは地震に起因する被害を補填することはできません。

地震の被害に備えるのには地震保険の加入が必須なのです。


また地震保険は、基本的に単独ではなく火災保険とセットで加入することになります。



火災保険と地震保険「お金」での違い


火災保険と地震保険の補償範囲については説明しましたが、補償金額や保険料控除など「お金」の面については何が違うのでしょうか?


[補償金額の違い]

火災保険では、火災で全焼した場合、最大で建物評価額の全額が保険金として支払われます。

地震保険では、地震による火災で全焼した場合「火災保険金額の50%が地震保険金額の上限」となります。

つまり火災保険で最大3000万円の保険金が出る設定の場合、地震保険では最大で1500万円までしか設定できません。



[保険料控除の違い]

年末調整で申請する「保険料控除」で適用されるのは地震保険だけで、火災保険は控除されません。

地震保険の控除を受けるためには「地震保険料控除証明書」が必要ですので、紛失した場合などは早めに再発行をお願いしましょう。




日本は文字通り地震大国です。どこに住んでいても、地震の被害を受けるリスクはあります。

火災保険だけでは、補償範囲も保険金額も不十分。

被害を受けた時に少しでも負担を減らせるよう、火災保険と併せて地震保険についても加入を検討すべきだと思います。

保険を選ぶ際には、万が一の災害後のご家族のことを考えて保険金額、補償範囲かをしっかり確認して決めましょう!