Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 土地
  3. 土地の方角によるメリット・デメリット

土地

土地の方角によるメリット・デメリット



こんにちは!
ダイバホームです。




住まいのための土地の購入をお考えの方にとって「土地の方角」は気になるポイントだと思います。

「土地の方角」とは、正確にいいますと「土地のどの方角が接道しているか」ということです。

土地の方角によって建物の日当りや間取りに影響してきますので、よく考えて土地を購入することが大切です。

今回は土地の方角によってのメリットとデメリットを解説します。




[東向き土地]

メリットは「朝~午前中、室内が明るい」ことです。
午前中の日当たりがよいことが多いです。また西日が隣家で遮られるので、西日によって部屋が暑くなることが少ないです。

デメリットは隣家の影になることで午後からの日当たりがあまりよくありません。 午後になると「少し暗い」という印象を持つ方もいるかもしれません。



[西向き土地]

メリットは午後の日差し(西日)が強いので冬の室内が暖かいことです。日照時間が一番長いのも、実は西向きだと言われていますので、ポカポカと暖かい部屋で過ごせます。
デメリットは逆に「西日が厳しいので夏場は暑い」ということです。西向きの窓には遮光カーテンを採用して西日の侵入を防ぐ工夫が必要ですね。



[南向き土地]

メリットは、一日を通して日当りが良く、明るい部屋になることです。
南面に軒を出すことで夏は強い日差しが入りにくく、冬はやわらかな日差しが部屋の奥まで入り込む家を作れますので、快適な住まいになります。
1年を通して快適な家を創りやすいのが南向き土地です。

デメリットは、他の方角と比較して人気があるため価格が高い傾向にあることです。



[北向き土地]

メリットは、南の日差しが遮られるので夏場の室内が涼しいこと。また他の方角に比べて価格が安めに設定されていることです。

デメリットは、お分かりの通り、日当たりが悪く、冬、寒いことです。
ただ、北向き土地でも南北に細長い土地なら南側を空けて日差しを取り込める家にすることも可能です。
また北向き土地は湿気が高くなってしまうことがありますので、湿気には注意しなければいけません。住んだ際には、換気をしっかりするなど通気性のよい家づくりをすることが重要です。


このように、家の方角は快適な住まいをつくるうえで重要なポイントとなります。

方角によりメリット・デメリットは様々ですが、間取りやゾーニングを工夫することで デメリットを感じさせない住宅に変わることも可能ですので住宅会社の担当者に、相談してみてください。