皆が幸せになる家創り - ダイバホーム -

お問い合わせ・資料請求

Q&Aご質問

会社に関するご質問

ダイバホームってどんな会社ですか?
ダイバホームは、静岡県東部地域で総合建設業として営業しております大場建設を中心とした「大場グループ」の住宅事業部門です。
完全フリープランでオーダーメイドの木造住宅を提供させていただいております。
木造住宅しか建てていないの?
ダイバホームは住む人の健康を考え、可能な限り自然素材を使用した住まいづくりをお勧めしています。そのコンセプトのもと、日本の風土に適しており、住む人にやさしい素材として静岡県産の木で創る家をお客様にご提案しております。
また、大場グループでは、マンション建設など大規模建築物の建築も可能ですので、お客様のご希望に柔軟に対応することも可能です。お気軽にご相談ください。
保証はどうなっているの?
ダイバホームには大きく4つの保証を用意しております。構造躯体につきましては10年瑕疵担保制度の基準を大きく上回る20年間の保証を実現しました。そして、耐震補償。万が一の震災で住まいが全壊になった場合の建替費用を最高2,000万円まで補償します。最後にシロアリ補償。建築後10年の長期保証で蟻害にあった場合の補修費用を最高300万円まで補償します。
欠陥住宅が心配ですが大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。ダイバホームは、オーダーメイドの自社責任施工体制。お客様専門の建築担当者が、ご契約からお引渡し、完成後のメンテナンスまで対応します。詳細にわたる独自の検査項目による確認・監理を行っておりますので、現場での手抜きは絶対に発生させません。
施工範囲はどこまでなの?
静岡県の中部地域を主要エリアとしております。詳しくは弊社会社概要をご参照ください。もちろん、遠方のかたでも弊社の住まいづくりにご賛同いただき、施工をご希望される場合はご相談させていただきます。(遠方での施工は別途料金をいただくことがございます。)
住宅購入資金の相談には乗ってもらえるの?
はい、もちろんです。
資金計画は住まいづくりの第一歩ですから、お客様のご希望・状況を詳しくお聞かせください。最適な資金計画、返済計画の策定をお客様と一緒にじっくりつくりあげていきます。
多忙でなかなか時間がとれませんが、大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。
ご多忙なお客様のスケジュールに合わせ、土日、祭日や夜の打ち合わせも可能ですし、メールでのお打ち合わせも可能です。お気軽に申しつけください。

価格に関するご質問

坪単価はいくらですか?
お住まいの面積などによって坪単価は異ります。
詳しくは、弊社スタッフ、またはご質問のコーナーよりお問い合わせいただけます。
住まいづくりの最も大きな関心事のひとつは価格ですが「坪単価」だけで比較するのは危険です。
なぜならば「坪単価」は非常にあいまいなものだからです。
坪単価表示には統一されたルールがあるわけではなく、坪単価にどこまでを含めるかは、それぞれの会社が独自に決めています。
中には「坪単価20万円台」と表示をしているところもありますが、工事に必要な仮設電気や水道代、設計料を含んでいなかったり、中には大工工事の代金を除いている会社もあるのです。完全にお客様を馬鹿にした行為といえます。
また、家が建ったあとには登記をしたり、住宅ローンの手数料や火災保険料、引越しなど家以外の費用も必要です。
坪単価ではなく「実際、住み始めるまでに全部でいくら掛かるのか」を各住宅会社に確認するようにしましょう。
契約後に金額が上がりませんか?
ご契約前にお客様の夢やご希望にあわせた間取り・仕様などの計画を綿密に行い、掛かる費用を明確にいたしますので安心してご検討いただけます。
もちろん、計画に際しましてはお客様のご予算を常に重視した打ち合わせを進めておりますのでご安心ください。
本体工事にどこまで含まれているの?
住宅の価格は、「本体工事」と「諸工事」と「諸経費」の3つでできていますが、価格にどこまでを含めるかは住宅会社の各社が自由に決めていますので、本体工事の内容だけを見てもあまり意味がありません。
ダイバホームでは、「そんなはずじゃなかった」とお客様が感じられることの無いように、「総額でのお見積もり提示」を推奨しております。
大手の住宅メーカーとくらべて安いの?
はい、安いです。
新聞広告などの広告宣伝費や研究開発費など経費を最小限に押さえ、いいものをより安くする研究と努力を重ね、「この家でこの価格?」と驚いていただけるお得な価格を実現しています。
お見積もりは無料ですので、住まいをご検討される際にはぜひご利用ください。

建物に関するご質問

なぜ木の家にこだわってるのですか?
ダイバホームの住まいは健康住宅を基本性能として位置づけています。
可能な限り自然素材で創るべきであるという基本姿勢で、日本の気候風土にも合致し人にやさしい「木」という素材を選択しました。
また、木は加工がしやすく将来の間取り変更などのライフスタイルの変化にも対応しやすく、さらに木は他の素材にくらべて建築時や廃棄時の二酸化炭素の排出量が少なく環境負荷が少ないというメリットもあるのです。
人にやさしく、地球にもやさしい。木は時代のニーズにあった理想の材なのです。
耐震性能は大丈夫?
もちろん大丈夫です。
間取りのとり方、窓の位置の取り方などでも住宅の丈夫さには大きな差が生まれます。
ダイバホームの住まいは、高品位住宅の基準に照らし、柱と耐力壁の直下率を60%以上になるように設計します。直下率が高まることで建物全体のバランス性能が向上し、地震などの外力に対する強さも向上します。
また、さらなる安心のために、地震による建物へのダメージを軽減するための新制震工法をD-Styleシリーズでは標準で採用していますので、繰り返し住まいを襲う大地震や余震に対しても安心です。
柱や梁に静岡県産の無垢材を使っているのはなぜですか?
「地産地消」の考え方に基づき、住まいの最も重要な部材である柱や梁などの構造材を地元静岡産の無垢材をD-Styleシリーズでは標準仕様にしました。
地産地消とは、その地域で生産されたものをその地域で消費しようという考えかた。現在のように交通機関や輸送手段が発達する以前はすべてこの地産地消が当たり前。その地域の気候風土で育まれたものをつかって生活することが最も自然です。この考え方に基づき、住まいの中でも最も大切な柱や梁などの構造材は日本国内で育まれたものを使ってまいります。
無毒シロアリ駆除剤ってホントに効き目があるの?
一般のシロアリ駆除剤は「毒で殺す」ものです。有機リン系の農薬を原料としているものがありますが、これはサリンやVXガスといった毒ガスの原料と同じ成分のものです。
ダイバホームの無毒シロアリ対策は「毒で殺す」のではなく「餓死させる」新しい駆除方法。
侵入したシロアリだけでなく連鎖的に巣全体のシロアリを駆除してしまいますので安心です。
「遠赤外線磁気水」はなぜ健康にいいの?
日本の水道水は世界で最も安全といわれていますが、それは塩素による徹底した殺菌によるものです。
これにより、雑菌は無くなりますが活性酸素やトリハロメタンといった有害な物質が残留します。
遠赤外線磁気水は、強力な磁力と遠赤外線によって、これらの有害物質をイオン化して無害化してくれます。
また磁力線の効果で、水の分子(クラスター)を分解し細かくしてくれますので、親水性が高まり、洗濯物の汚れ落ちがよくなったり、お風呂のお湯が柔らかく感じなるなどのメリットもあります。(遠赤外線磁気水はD-Styleシリーズの標準仕様です。)
冷暖房効率はどうですか?
断熱材に隙間のほとんどない現場発泡式の高性能断熱材を使用しておりますので室内の保温性能はバツグンです。また夏の冷房効率をあげるため断熱材だけでなく、輻射熱対策のための遮熱シートを壁・天井の外周部全部に施工しますので、いつも住まいは快適です。
遮熱工法ってなんですか?
一般的な住まいは、断熱材だけで屋外の温度から守ろうとしています。
しかし、断熱材は「伝導熱」には効果がありますが、「輻射熱(ふくしゃねつ)」にはほとんど効果がありません。輻射熱とは、熱線という電磁波の形で伝えられる熱で、太陽の熱はこの輻射熱によるものです。
断熱材は、輻射熱の10%しか遮断することができない上に、熱を内部に貯め込む性質があるため、夏場の夜に貯め込んだ熱を大量放出し、一晩中部屋が暑くて寝苦しくなる「人工の熱帯夜」を発生してしまいます。
この問題を解決するために、ダイバホームはこの輻射熱を反射するアルミ遮熱シートで家を包み込む「遮熱工法」を採用しています。(遮熱工法はD-Styleシリーズの標準仕様となります。)
漆喰って汚れたりしないの?
漆喰は、表面に静電気を発生させないため、ホコリをよせつけませんので、時間の経過とともに徐々に黒ずむような汚れはつきません。また漆喰には自浄効果もありますので、表面についた多少の汚れであれば時間の経過でキレイになってしまいます。
漆喰を補修したい場合はどうするの?
漆喰表面が削れてしまったり、コーヒーなどで染みをつけてしまった場合は表面補修が必要です。お客様の住まいを施工した際の材の一部を補修用に差し上げますので、多少の汚れや傷であればその材を水に溶き、筆などで表面塗布いただくことで修復が可能です。
建物ができるまでにどのくらいの期間がかかりますか?
工事期間と考えますと解体や地盤改良などの有無や天候などの諸条件により違いがありますが、30坪の住まいであれば、上棟からおよそ3ヶ月程度の期間でお引渡しが可能です。
ダイバホームが最も大切にしているのは「幸せの住まいプラン」づくりです。
お客様の住まいへの夢や希望をお聞きしながら、私たちプロの提案を盛り込み、住んでからもずっと満足いただける住まいであるために、お客様はもちろん、私たち創り手側も納得できる住まいを一緒につくってまいります。