Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 土地
  3. 失敗しない!土地購入で検討すべき手順とは?

土地

失敗しない!土地購入で検討すべき手順とは?



こんにちは!
ダイバホームです。



家を建てるためには土地が不可欠。
土地選びをはじめる前にどんなことを決めておくべきかの正しい手順を知っておくべきです。


土地購入の際の手順は7段階あり、一つ一つ丁寧に検討して決めていくことが重要です。

大変ですが、この手順をちゃんと踏まないとこんなはずじゃなかったと後悔してしまうことにもなりかねません。

失敗しない土地選びのため、頑張ってください!



手順1:全体の資金計画を立てる


まずは「自分たちが家創り(土地+家)にいくらお金をかけられるか(総予算)」を算出します。
多くの方は、住宅ローンでの借入を予定されていると思いますので、実際にどのくらい借りられるのか、無理なく返済できる金額はいくらなのかを把握しましょう。
自分たちだけでは正しい総予算を算出するのは難しい、と思われる方は銀行や住宅会社に相談してみるのもいいと思います。
もちろんダイバホームでも予算のご相談をしていただくことができます。




手順2:家の建築費用を算出する

次に、建築したい住まいの建築費用を算出します。
ご家族みんなの夢や希望、将来ビジョンを踏まえて、どのくらいの広さで何部屋必要か、収納や趣味の空間も考えて、どんな家を建てたいかを決めます。




手順3:土地予算を逆算する

全体の予算から建築費用を引くことで土地に掛けられる金額を算出します。
この金額を正確に把握しておくことがこれ以降の手順をスムーズに進める為にとても重要です。




手順4:金融機関で事前審査をして、総予算の裏付けをとる

手順1で算出した総予算の通りに住宅ローンが借りられるかどうか、金融機関に「事前審査」をします。
希望していた金額で審査が通らなかった場合、手順1に戻って計画を見直します。




手順5:住みたいエリアから土地をピックアップする

住みたいエリアを決め、そのエリアの中から欲しい土地をピックアップしていきます。
件数は5件程度でよいでしょう。
このときの目安として、手順3で決めた土地予算の1割ほど高い土地までは許容範囲としてピックアップしましょう。
たとえば、土地にかけられるお金が2,000万円なら、2,200万円程度の物件までの範囲で探します。




手順6:現地チェックして、土地物件をランク付けする。

ピックアップした土地を欲しい順にランク付けして実際に現地に行ってみましょう。
学校までの道順や距離、交通の便、主要施設など実際に見て確認します。
その上で、土地を決める優先順位にしたがってほしい順にランク付けします。




手順7:プロに価格交渉してもらう

最後に、一番欲しい土地から順に、プロに価格交渉してもらいます。
ローンの裏付けが取れていて、建物の計画も詰めてある。
そのうえで「この価格になれば買います!」と本気の姿勢を見せて交渉します。

このときのポイントは、プロに価格交渉してもらうこと。「土地を買うのは初めて」という素人が、交渉で百戦錬磨の不動産業者に勝てることはほとんどありません。
ですから、こちらは家づくりのプロ=建築会社の営業マンに交渉を任せるのです。
希望の金額になれば買う、ならなければ買わずに第二希望の土地にアタックする。このシンプルな方法で、予算内で好条件の土地を買うことが可能になります。




大変な手順ですが、長く住む大切な住まいのことですから、この手間をかける価値は十分にあります!
頑張ってください。


もちろん、ダイバホームが住まいのプロとしてお客様と一緒にこの手順を進めていくことができますので、お気軽にご相談ください!


ご相談予約をご希望の方はこちらからどうぞ!!